ブログを始めたけど・・・

なかなか分かりやい文章が書けない!!

手が止まってしまうこともありますよね。

チョットしたコツを掴めば

初心者さんでも分かりやすい文章が書けるようになります。

参考にしてください。

分かりやすい文章とは

「解りにくい」

👇

ストレスを感じる。

         「やってはいけない」

基本

1、読者の立場になってライティングする

2、主題で文章全体の概要を理解できるようにする

3、文章を明瞭な文章構成にする

4、1キーワードで1記事

5、文字のサイズと行間を最適化する

 

句読点を正しく使う

句読点を使う「、。」

例:

彼は悲しそうに海をみつめる彼女をみている。

「悲しそうに」しているのは彼?彼女?

 

・彼は、悲しそうに海をみつめる彼女をみている。

・彼は悲しそうに、海をみつめる彼女をみている。

 

前者は彼が悲しそうにしている文章。

後者は彼女が悲しそうにしている文章です。

 

このように、句読点を使う位置によって
文章の感じ方は変わり
何を伝えたいのか明確になって来ます。

 

難しい言葉は使わない

誰もが理解できる言葉で説明することを意識する

👇

*小中学生でも分かる文章を意識する

・読者の理解しやすい「言葉選び」ができているか
・読者が知らなそうな用語や漢字を使用していないか

 

☆難しい言葉を使ってしまう理由

適切な言葉が見つからなかった
印象をかっこよくしたかった
賢く見せたかった

 

読者さんに良く思われたいと思い
難しい言葉や漢字を使ってしまうと
内容が難しくて逆に読者さんは離れて行ってしまいます。

 

回りくどい文章

文章の結論がなかなか見えず、
文章自体が余りにも回りくどい内容だと
読者さんは飽きてしまします。

 

文法が正しく、言葉1つ1つは理解できるが、
その話の根本的な趣旨や結論が全く見えてこない
読者さんは趣旨や結論が知りたいのです。

回りくどい文章にならないように
徹底的に「読者目線」にたって文章を書く
「読者」が誰になるのかをイメージして、
その読者が求めている情報を書く様にしましょう。

 

興味を惹くライティングとは

結論を始めに持ってくる

 

例「私はお金と男が好きな母親に捨てられました。」

文章の内容は伝わってきますが

もっと惹きつけれる文章にするには
👇
「私は捨てられました。お金と男が好きな母親に」

どうでしょうか?

 

始めに「ドッキ!」「なぜ?」と思うと続きが読みたくなりませんか?

 

主題で文章全体の概要を理解できるようにするには

文章を書く際も、読み手に最も「主張したい事」を最初に持っていく。

「飽きさせない事」 「退屈させない事」

「なぜ?WHY」 ⇒ 「興味」 「関心」 を起こさせる

 

①「私は月収100万円を稼ぐために、
ライティングのスキルアップするために「ある事」を勉強しました。
そしてその3カ月後、私の収入は・・」

 

②「私は月収100万円を稼ぐ為に、
ライティングのスキルアップするために「ある事」を勉強しました。
そしてその3カ月後、私は見事に月収100万円を達成したのです。
さて、そのスキルを身に付ける為に私が行ってきた事とは・・・」

 

①は収入がどうなったのか・・・3か月後に収入がどうなったのか
他人の収入は自分には関係ないのでどうでもいいです。

 

②の方は「なぜ」「何をして」スキルアップして
3ヶ月後に100万円稼げた方が気になりませんか?

強い興味を植え付ける事が出来れば読者さんは読んでくれます。

「何故その結論に至ったのかの興味・関心を刺激していくことが大事」

 

文章の構成

①見出し

②中見出し

③詳細内容

「見出し」文章全体の概要が分かる様に述べる

「中見出し」それぞれのポイントを表した内容を述べる

「詳細内容」で、中見出しに合った説明文を書く

1キーワード1記事

1つの文では1つのキーワドに沿った内容の文章を書く事が大事です。

複数の事を書いてしまうと読者さんは内容を理解するのに時間がかかったりと

忙しい読者さんに無駄な時間を使うことになってします。

複数あるたと印象も弱くなってしまいますし

「結局何が言いたいのか分からない!」という事になってしまします。

「1キーワード1記事」を意識しましょう。

 

文字のサイズと行間を最適化

文字のサイズと行間も大事です。

説明文は小さいと読みずらく読者さんはイライラしてきます。

行間も詰まっているととても読みずらいです。

プレビューで確認しながら文字サイズや行間を最適にしていきましょう。

 

まとめ

・解りにくい文章は読み手にストレスを与えてしまう文章。

・句読点を正しく使う。

・小学生、中学生でも理解できる文章にする。

・結論を先に述べ、文章の書き出しを短文にする。

・何故その結論に至ったのかの興味・関心を刺激していく

・「1キーワードに対して1記事」

・文字の大きさ行間に注意する

以上です。

意識をする事でライティングスキルもアップします。
読者さんに飽きられない記事が書けるといいですね!

最後までお付き合い下さりありがとうございます(*^^*)