ヘッドコピーの重要性

 


ヘッドコピーとはブログに訪問してくれた人が最初に目にするところです
訪問者はブログの内容の判断をします。

全米No1セールスライタージョセフシュガーマンの言葉です。
「読み手に本文まで読み進めさせること」

1文を読み次の1文を読んでもらう事が大切です。
そして3文、4文と文章を読み進んでもうらわなければ意味がありません。
文章を読んでもらえなければどんなに良い商品を紹介しても
どんなに価値のある情報を提供しても売ることはできません。

読者さんの興味を惹き読み進めてもらう事が大事です。

広告の神様と呼ばれる、デビッド・オグルビーは
『平均するとコピーの本文を読む人の 5 倍の人が、ヘッドラインを読む。
そのことを考えると、ヘッドラインで商品を売らない限り、
あなたは入ってくるはずのお金の 90% を無駄にすることになる。』

「広告効果の75パーセントは、キャッチコピーによって決まる」

検索エンジンであなたのブログに訪れた人がブログの中身を
ヘッドコピーで判断します。
そのコピーの内容で情報があるのか、それとも無いのかを見極めて
本文を読むのかそれとも閉じるのかを一瞬で判断します。

ヘッドコピー基本4つ

緊急性

見込み客に、後ではなく
今すぐベネフィット(メリット)を受け取りたいと
思わせるものでないといけません。
後でもいいやと思うと人は行動しません。

有益性

見込み客にとって価値のある事を伝えるもので
なければいけません。
価値をきちんと伝えれるかがポイントです。

独自性

類似商品にはない何かを持っていることを示す。
その内容やサービスならではの特質がないといけません。

超具体性

曖昧な表現はさけましょう。
見込み客が受けられる具体的で明確なベネフィットをはっきり
伝えましょう。

ヘッドコピーで読者さんに訴える力・購買意欲をかきたてるような
キャッチコピーを載せます。

サブヘッド

次に大事なのがサブヘッドになります。
本文にある見出しに書くキャッチコピーの事です。

訪問者はすべてを読んでくれるのではなく、気になる関心ある
サブヘッドだけを読むことが多いです。

自分の欲しい情報が手に入らなければ閉じられてしまいます。

数秒で閉じられる可能性の方が・・・

ヘッドコピーとサブヘッドで7~9割決まると言われています。

読者さんを引き付けるヘッドコピー

商品の概念が大切になってきます。

どんな相手に
どんな商品を
どんな売り方で紹介するのか

「誰に」「何を提供しているのか」を明確に書く
ことが大事になります。

例えば

薄毛で悩んでいる人に効く育毛剤であれば

すでにいくかの育毛剤を試していて なかなか効果が感じられず、
もっと良い育毛剤はないかと探している人でしょう。

理由はいくつかあると思います

見た目を良くしたい
若く見られたい
妻や子供が嫌がる

 

このような人にキャッチコピーを作るとしたら

 

効果を上げたい方には発毛剤や育毛剤がおすすめ!
諦めていた薄毛が増えて来た!
選ばれている育毛剤は?

などいかがでしょうか。

 

さらに加えるとしたら

・髪で印象は変わる、諦めていた薄毛が増えて来た!
・髪で印象は変わる、なぜ?諦めていた薄毛が増えて来たのか

何が違うの・・・?
変わらないんじゃない・・・?

「です。だ。ます。」で終わってしまうと人の感情は
「すごいじゃん。ふーん。へー。そうなんだ」で終ります。

「なぜ?」と言われると
「なんで?何それ?」と興味がそそられます。

言葉の使い方で読者さんの受け取る印象が変わってきます。

今回は文中に「なぜ?」をいれましたが
「なぜ?」を頭にもっていくともっと目を引きやすくする効果が
あると言われています。

商品がどんなお客さんに対するものであるのか?
そのお客さんが欲しているものは、何なのか?
商品のコンセプトをしっかりと絞ってリサーチが出来れば
お客さんの要求がどんな商品なのかが分かってきますので
お客さんの心に響くキャッチコピーが作れるようになります。

ヘッドラインに良く使われる言葉

発見

無料
実証済み
新登場
お得
ついに
○○する方法
簡単
秘密
節約
保証
最後のチャンス

など、方法や秘訣や秘密、ニュース性を強調したり
質問、意外性、無料をアピール、ターゲットに呼びかけすることで
目にとまります。


簡単!○○する方法や
最後のチャンスです。
あなたに無料で○○をプレゼントします。
いつも〇〇なのか?
○○の秘密はこれ!

これらを組み合わせる事でより良いキャッチコピーを作ってください。

最後までお付き合い下さりありがとうございます!!