マズローの法則とは

アメリカの心理学者アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」
と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです
ピラミットで分かりやすく表しています。

 

欲求の5段階は、現在の欲求階層が満たされると、一段上の欲求を
求めるようになります。
5段階の欲求は、「下から順番に満たされていくもの」と一般に思われていますが

実は下の階層にある欲求が満たされてないなくても、上の階層の欲求を抱く
ケースがあるのです。

 

このことはマズロー自身も
「我々の社会で正常な大部分の人々は、すべての基本的欲求にある程度満足しているが、
同時にある程度満たされていないのである」

という言葉を残しています。

 

どの階層の欲求でも、100%の満足を得るのは難しく、少し足りないと
感じる人のほうが多いです。
欲求が何によって満たされるか、どの程度満たされれば満足するのかは、
それぞれの価値観によって違っています。
5段階の下から順番に100%満たされることが、絶対ではないということを
ご分かってください。

 

マズローの要求5段階の持つ意味

1.【生理的欲求】
食欲、睡眠欲、排泄欲など、本能的な欲求。つまり生きるための欲です。

2.【安全の欲求】
安全性・経済的安定性・健康状態の維持。安定の欲求ともいわれ、住む家、収入、
健康でいることを継続して得ようとする欲です。基本的に、人は安定を求める
生き物だという前提があります。

3.【愛と所属の(社会的)欲求】
親和の欲求とも言います。誰かと一緒にいたい、愛されたい。
自分が社会に必要とされているという
感覚を求める欲求。

4.【承認(自我)の欲求】
尊敬されたい、名声が欲しい、注目されたいという欲求です。
「周りにすごいって言われたい」という感覚など。
自己を尊重しようとするのもこの欲求。

5.【自己実現の欲求】
自分の持てる能力を発揮し、自分が掲げた目標を達成したいという欲求。

マズローの要求5段階を使ってライティング

人の感情を捉える事によって出来るライティング方法です。
セールスしなくてもモノを買ってしまう
【生理的欲求段階】にいる人はほとんどいません。

 

具体的に生理的要求で購入してしまう場合の例として

凄くノドが乾いていて水が欲しい。このままでは熱中症にもなりかねない。
コンビニ行っても、自動販売機も売り切れいる。
この暑さでは仕方がないが、何でもいいから水分補給をしたい。
やっとの思いで1軒だけ売っている店を見つけたら
500mlで350円もしている。
限界なので350円で水を購入することで
体も心も満足することが出来ました。

 

 

普通なら2倍以上もする水は買わないです。
ですが、限界ギリギリのところまで追い込まれているので
買ってしまいます。
この行動が「生理的要求」ということになります。

ビジネスではこのように行動をしてもらえるように促す事が重要になって来ます。

マーケティングで重要なのが「ターゲット選定」です。
この「ターゲット選定」に「マズローの要求5段階」が使われています。

5段階ある要求をどこに「フォーカスを当てるか」でターゲットする消費者の
要求がどの段階なのか考えます。

 

 

・「アンチエージングに最高級美容クリーム有名サロンで開発」
・「シワ・たるみを改善・天然成分配合・無添加で保湿力の高いクリーム」
2種類の違ったキャッチコピーの場合要求段階は違ってきます。
 

 

「アンチエージングに最高級美容クリーム有名サロンで開発」
・高額でこだわったクリームを使うむことで、周りに見せびらかしたい、
尊敬されたい人【承認の欲求】
・肌が綺麗になって褒められたい・もてたい【愛と所属/社会的欲求】

「シワ・たるみを改善・天然成分配合・無添加で保湿力の高いクリーム」
・肌に良いものを付けたい人【安全の欲求】
・シワやたるみの改善を求める人【自己実現の欲求】

 

人はそれぞれ価値観はちがいますから刺激されるキャッチコピーも違うという事が分かります。
消費者のどの要求を刺激したいのか、「マズロー要求5段階」を使うことで分かってきます。

 

コピーライティングには読み手の欲求を刺激することが不可欠。
読み手の欲求を刺激するために、相手がどの欲求の段階にいるかを意識し理解しましょう。

 

 

最後までお付き合い下さりありがとうございます。