自動インストール後に行う初期設定をしていきましょう。

設定は6つです。

 

聞き慣れない言葉が出てきているかもしれませんが、一つ一つ順を追ってご紹介していきますのでご安心ください(^-^)

 

WordPressの管理画面にログイン

お気に入り(ブックマーク)登録し忘れてしまった場合は、アドレスバーに下記のURLを入力して下さい。

(http:/ /以下) ○○/wp-admin/

(○○は、あなたがWordPressをインストールしたドメイン)

①この画面が開きますので、IDとパスワードを入力してログインしましょう。

②管理画面(ダッシュボード)にログインできました!

毎回URLから入力するのは手間ですので、ダッシュボードのページをお気に入り(ブックマーク)登録しておきましょう。

【Ctrl+D】で登録できます。

一般設定:サイトタイトルなど

始めにサイトタイトルなどを登録していきます。

①左側のメニューの『設定』にマウスのポインタを乗せて【一般】をクリック

②一般設定の画面が開くので各項目を設定していきます

【サイトのタイトル】

あなたのブログのタイトルです。魅力的なタイトルをつけましょう!

【キャッチフレーズ】

あなたのブログの説明文です。完結にわかりやすい文章でまとめましょう。

【WordPressアドレス】【サイトアドレス】

この2つは基本的に同じアドレスが入力されているはずです。

お使いのレンタルサーバーによっては、ここをいじってしまうと不具合が発生する可能性があるので、この2つはこのまま触らないままにしておきましょう。

【メールアドレス】

ブログにコメントをもらえたり、リンクがついたりした時にメールが来ます。

きちんと受け取れるアドレスを登録しておきましょう。

【メンバーシップ】【新規ユーザーのデフォルト権限グループ】

この2つは個人でブログを運営していく場合は設定不要です。

(会社などで複数人でブログを運営していく時に便利な設定です。)

【タイムゾーン】~【サイトの言語】

日本語版のWordPressをインストールしていれば設定不要です。

③1番下の【変更を保存】をクリックして完了です!

投稿設定:記事投稿など

次はWordPressの投稿記事や固定記事に関する設定です。

①『設定』から【投稿設定】をクリック

②投稿設定の設定ページが開きます

【投稿用カテゴリーの初期設定】【デフォルトの投稿フォーマット】

記事を書いたときに一つ一つ設定をしていくので、ここでの設定は不要です。

【メールでの投稿】

WordPressはメールを使って、スマホからでも記事を投稿することができます。

でも、使い勝手の面からあまりおすすめできません。

なのでここの設定も不要です。

【更新情報サービス】

『PING送信』と言って、記事を更新しました!と言う情報をブログランキングなどのサイトに知らせる機能です。

送信できるPINGサーバーはたくさんありますが、突然サービスを停止してしまうサーバーもあるので、

定期的に送信先が有効かチェックする必要があり非常に面倒なのです・・・

設定しなくても大幅に不利になることもありませんが、どうしても設定したい場合は

『PINGOO』を利用すると良いと思います。

個人で運営しているアフィリエイトサイトは『商用利用』には該当しないので、無料で利用できます。

③1番下の【変更を保存】をクリックして完了です!

表示設定:ページの表示方法など

ここではブログのトップページに表示する記事を設定したり、RSSサービスについての設定をします。

①『設定』から【表示設定】をクリック

②表示設定のページが開きます

【フロントページの表示】

あなたのブログのトップページの記事を、『最新の投稿記事』にするか『固定の記事』にするかを設定できます。

固定記事にする場合は固定記事を作成する必要がありますので、ここでは取り敢えず『最新の投稿記事』にしておきましょう。

【1ページに表示する最大投稿数】

お好きな数で良いのですが、10以上になるとページの読込速度が遅くなってしまうので、10以下にしておくと良いと思います。

【RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数】
【RSS/Atom フィードでの各投稿の表示】

ブログ記事を公開した時に登録している人に自動的に通知してくれる機能です。

現在RSSリーダーを利用している人は、過去記事全部から自動的に抜粋して表示されるようなサービスを利用している人が多いため、この2つは設定不要です。

【検索エンジンでの表示】

ここにチェックを入れると、あなたのブログサイト全体が検索エンジンにかからないようになります。

完成させてから一気に公開したい場合などに利用することができます。

③1番下の【変更を保存】をクリックして完了です!

ディスカッション設定:リンクやコメントなど

ここではリンクやコメントなどの通知に関する設定をしていきます。

①『設定』から【ディスカッション】を開きます

②ディスカッション設定のページが開きます

【投稿のデフォルト設定】

ここは3つすべてにチェックを入れておきましょう。
他のブログ運営者さんや読者さんとのコミュニケーションも取れますし、コメントでやりとりができれば信頼関係も築くことができます。

「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」
あなたのブログから他のブログへリンクを貼った場合、相手の方のブログに通知が行きます。

「他のブログからの通知を受け付ける」
逆に相手の方のサイトからあなたのブログへリンクを貼ってもらった時に通知が来ます。(これをピンバックと言います)

「新しい投稿へのコメントを許可する」
ブログ訪問者さんからのコメントをもらうことを許可します。

【他のコメント設定】

ここは一番上の「名前とメールアドレスの入力は必須にする」は必ずチェックしておきましょう。(いたずらやスパムコメントを防ぐため)
その他の項目はお好みで設定しても良いですし、そのままでも問題ありません。

【自分宛のメール通知】

チェックを入れておくと、コメントが来た時に『一般設定』で登録したメールアドレス宛に通知が来ます。

見逃さないようにチェックを入れておくもの良いですし、

コメントの度にメールが来るのがうっとうしければ、チェックを外して定期的に直接コメント欄を確認しても良いと思います。

【コメント表示条件】

いたずらやスパムコメントがありますので、コメントの承認は必ず手動にしておきましょう。
一度承認した人は次からは自動で表示されるようにしておくと、何度もコメントをくれる人は親近感を持ってくれるかもしれませんね。

③下へスクロールして・・・

【コメントモデレーション】【コメントブラックリスト】

この2つは特に設定することはありません。

『Akismet』というプラグインで対応可能です。→プラグイン:『Akismet』でスパムコメントを防ごう!

③さらに下にスクロールして・・・

【アバター】

コメント欄のアバターの表示設定ができます。

お好みのアバターに変更しても良いですし、このままでも問題ありません。

④1番下の【変更を保存】をクリックして完了!

メディア設定:画像のサイズなど

ここでは記事や固定ページに表示する画像のサイズを指定するための設定ができます。

①『設定』から【メディア】を開きます
メディア設定の画像

②メディア設定の画面が開きます

メディア設定の説明

サムネイルのサイズ、中サイズ、大サイズの設定ができます。

ここで設定しておくと、画像を挿入するときに設定の必要がなくなります。

ただ、最初は細かく設定せずにこのままにしておいて、

後々必要なら設定をしていけば良いと思います。

変更をした場合は【変更を保存】をクリックして完了。

パーマリンク設定

パーマリンクとは、簡単に説明すると、記事一つ一つのURLのことで、パーマリンクは一度設定したら変更しないことが基本です。
ここではそのURLをどのように表示するかを設定していきます。

①『設定』から【パーマリンク設定】を開きます

パーマリンク設定の説明

②パーマリンク設定の画面が開きます

パーマリンク設定の説明

『カスタム構造』のチェックを入れて、

%category%

%postname%.htmlを選んで

③【変更を保存】をクリックして完了!

 

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

(Google Search Consoleヘルプページより

 

 

このカスタム構造を利用した場合、記事のタイトルがURLに表示されます。

でも、このままだと記事タイトルを後から編集した時にURLが変わってしまい、リンクを貼っている場合はリンク切れが起きてしまいます。

そこで、このように変更してみます。

自動インストールについて解説した記事なので、【automatic】にします。

この記事のURLは(http://以下)

『hiroko.com/wordpress/automatic』になりました。

先ほどの引用文を再度確認していただきたいのですが、

『hiroko.com』というサイトの

『wordpress』というカテゴリーの中の

『automatic』という記事

ということが分かりますよね。

シンプルで、論理的かつ人の目で見て分かるURL構造になっています。

記事ごとに考えて設定する必要がありますが、ちょっとした手間でSEO上少しでも有利になるならぜひやっておくべき設定だと思います(^-^)

まとめ

ここまでの6つの設定項目、いかがでしたでしょうか?

最初から細かく気にしていくと難しすぎる!と思ってしまうかもしれません。