ロリポップをお使いの場合、WordPressの自動インストールが可能です。

他のレンタルサーバー(エックスサーバーやさくら)をお使いの方も、 自動インストール機能がありますので、
サーバーの操作手順に従ってインストールしてみてください。

では早速、ロリポップにWordPressをインストールをしていきましょう。

ひとつずつ順番に説明していきますので、安心して進めて行ってくださいね。

ロリポップの自動インストール

 

自動インストール直後のWordPressのバージョンアップについて

①ダッシュボードの【更新】をクリック

②『WordPressの更新』の情報が開きますので確認します

『最新バージョンのWordPressをお使いです』と出ている場合は、 WordPress自体の更新の必要はありません。

もし『WordPress4.○.○が利用可能です。更新してください』と出ていたら、 更新ボタンをクリックして更新をしてください。

③下へスクロールして、『プラグイン』の更新情報を確認します。

プラグインの更新が必要となっていたら更新しましょう。

チェックを入れて【プラグインを更新】をクリック!

 

プラグインって何?

元々WordPressにはない機能を追加できるものです。

プラグインを追加インストールすることによって、色々な機能が使えるようになります。

ブログにお問合せフォームを作ったり、自動バックアップを取ったり、あなたの好みに合わせて追加することができます。

プラグインについては、別途オススメや追加方法をご紹介しますね。

 

WordPressのバージョンアップの重要性

『バージョンアップ』が行われるという事は、『中身が何かしら変わった』という事です。

機能的にもっと便利に使えるようになったり。

大小問わず不具合が解消されたり。

中でも重要なのが、『脆弱性(ぜいじゃくせい)が解消された場合』です。

脆弱性とは、簡単に言うとそのシステムの弱い部分です。

WordPressの記事が第三者に書き換えられてしまったり、消されてしまったり。

ウイルスを入れられてしまったり、とっても危険な状態になることも有り得ます。

なので、ダッシュボードの更新欄は必ずチェックして、更新を行うようにしましょう。

ただ、WordPress自体もプラグインもテーマも(今回は出てきていませんが翻訳も更新があります)、更新したことで不具合が起きてしまうことがたまにあります。

新しいバージョンになったばっかりの時はバグも多くあったり、
プラグインがまだ最新バージョンに対応していなかったり、
相性が悪かったりすることがあります。

だからと言って更新しないのは危険なので、更新する前に必ずバックアップを取る必要があります。

ワードプレスのバックアップ方法はいくつかありますので、また別の記事でご紹介しますね。

 

おわりに・・・

WordPressのインストールは無事にできましたか?

ロリポップサーバーが自動でインストールしてくれるので、難しい作業はなかったと思います。

これであなたのブログの土台が完成しました!

記事を書くまであと少しだけやることがありますので、もう少しをがんばりましょう!

ドメイン、サーバー、WordPressと設定の際に『IDとパスワード』をいくつか設定してきましたよね。

きちんと大事に控えて置いてくださいね。

メモにパパッと書いてしまうのではなく、専用のノートを準備したり、エクセルや管理ツールを利用したりして、きちんと保存しておきましょう。

パソコンにIDとパスワードを記憶させていても、何かの拍子に消えてしまう事もありますから。